肥満学会の診断基準とキャベツとオベリットダイエット

日本肥満学会は医師栄養士、薬剤師などで構成された学会です。
メタボや肥満の基準などが定められていますが、これらの診断基準は肥満学会が策定しています。

肥満学会の基準でメタボや太りすぎという数値が出た場合、ダイエットを行いましょう。
「太っていても何も問題は無い」という方もいますが、メタボなどは生活習慣病発症リスクを増加させてしまう為、健康を害する恐れがあります。
生活習慣病が引き金となり、心筋梗塞や脳卒中といった大きな病気を、招くケースも少なくないのです。
ですので、メタボの診断基準に引っかかってしまったら、ダイエットに取り組む事が美容面だけでなく、健康面に置いても重要です。

色々なダイエットがありますが、以前流行した「キャベツダイエット」をご存じでしょうか。
食事の前にキャベツのサラダや、茹でたものを食べる事で、食べ過ぎを予防するダイエット法となっています。
キャベツは食物繊維が豊富な野菜ですので、食事の前に食べると満腹感を得られ、摂取カロリーを抑える事が可能です。
手軽にできるダイエット法として話題となりましたが、毎日キャベツを食べ続ける事は意外と難しく、続かなかったという方が多いようです。
やはり、同じ食品を食べ続けるダイエット法は、長続きしないと言えるでしょう。
もっと気軽にダイエットしたいなら、「オベリット」がお勧めです。
オベリットはゼニカルという、肥満治療薬のジェネリック薬品で、脂肪の吸収をカットする効果を持っています。
食事で摂った脂肪の吸収を約30%程抑制する為、オベリットを服用すれば食べても、太り難くなるのです。

キャベツなど低カロリーな食品を食べ続けるダイエット法は、続けるとストレスとなりますが、オベリットは好きなものを食べつつ痩せられる為、ダイエットが長続きすると人気となっています。